忍者ブログ

Lの翼

 オリジナルイラスト中心にまったり更新してます~ 個人サークル「らすとんち」活動中です。 絵描き仲間も募集中です♪

絵茶会場
カウンター
Menu
初めてこられた方はaboutよりお読みください。
あばうと きゃらくたー ぎゃらりー ぎふと gallery そのいち

ほーむ
Twitter
最新記事
カテゴリー
最新コメント
[10/16 ジャムぱん]
[08/18 もに太]
[03/21 如月雪也]
[09/05 Rian]
[08/28 兎沢]
リンク
絵描き仲間さんたちのサイト
ふりぃぺぇぱぁ ‐ ぶろぐ/ 水月音澄さんふりぃぺぇぱぁ ‐ ぶろぐ/ 水月音澄さん
そーおんのまったりぶろぐ/noisyさんそーおんのまったりぶろぐ/noisyさん
兎のはきだめ。/兎沢さん兎のはきだめ。/兎沢さん
GRAND GRIMOIRE F.C/RianさんGRAND GRIMOIRE F.C/Rianさん
だめだこりゃ/黒霧左笥さんだめだこりゃ/黒霧左笥さん
-------------------------
友人様サイト
奈落の花/燦緒さん奈落の花/燦緒さん
Breaking Gumption / WKさんBreaking Gumption / WKさん
うたかたの夢跡 / 赤月智平さんうたかたの夢跡 / 赤月智平さん
CosmicArt's / 葉月恭さんCosmicArt's / 葉月恭さん
-------------------------
漫画家さんサイト
うろんなページ
読解アヘン / HEROさん読解アヘン / HEROさん
-------------------------
ブログランキングに参加しています。
よかったら押していってください。 ブログランキング・にほんブログ村へ
-------------------------
その他リンク
お絵描き.net
ピクシブ 絵ブログ検索エンジン イラスト検索と無料オンラインゲーム情報の「お絵描きJP」
PAINT STATION
私を喜ばせるために描くがいいさ!!
メールフォーム
ブログ内検索
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アクセス解析
RSS

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2017.12.15 (Fri)
Category[]

アンケート兼雑記 ~私のサンタとあなたのサンタ~

---この記事はサンタさんからプレゼントをもらっているよい子はよんではいけません。---

 


注意はしましたよ?

それでもよろしい方は続きをどぞ。

 

 

 


これからの話は夢も希望もあんまりない現実感の強い話です。


半分アンケートで、もう半分は管理人の経験話になります。
アンケートフォームつくろうかと思ったんですが、交流しやすいほうがいいかな?なんて思いまして文だけっていう形にしてみました。
解答はコメントにてお願いします。(匿名でもかまいませんが、出来れば記名をお願いします)

何人が答えてくれることやら…

先にお詫びを申し上げさせていただきます。
12月早々にこんな話をして申し訳ございません…


さて、本題。
これを読んでいる方は何歳までサンタさんを信じていましたか?
サンタクロース協会とかサンタのモデルになった人とかっていう話はなしってことで、
子供たちに無償で一晩のうちに世界をまわってプレゼントを配っていくサンタのおじさんのほうです。


先日、何人かの友人に聞いたところ、小学校3年生までや7歳だとかいろいろな答えを聞きました。

その中でサンタさんに手紙を書いたり電話をした、朝起きたら枕元にプレゼントが置いてあったとか
それはそれはピュアなみんなの子供の頃の話を聞かせてもらったものです。

 

私もそんなみんなのような光輝くピュアな幼い時期が…

ピュアな時期が…


時期が…?

 


…ありませんでした。

いや、うん。
プレゼントがもらえなかったってわけじゃないんですよ!?
ただその…両親と私との間にサンタさんというおじさん自体が存在していなかったというか…

プレゼントは両親からもらうモノっていう形式が既に幼いころから形成されていまして、
サンタさんは架空の人物。桃太郎やシンデレラのようにお話だけの存在だと幼いながらも私の中にはそういうことが常識としてすりこまれていました。
(こんな風に難しくは考えていませんが)

だからサンタクロースに夢を抱いたことも、不思議に思ったことも全くありません。
ずいぶん寂しい子供時代を過ごしたものです…(泣

こんな風なのって私だけでしょうか?


これを読まれた方はいくつまでサンタさんを信じていましたか?どんな風にお願いをしましたか?また、どんな思い出があったでしょうか?
そして、どのようにしてサンタさんの正体を知ってしまいましたか?

その時のエピソードなどもコメントに入れてくださるとこちらとしてもうれしいです。

※オフ友の方へ(文字反転)
オフで私とこの話をした方、出来れば他に見にくださった方にもわかるように
お手数ですが再度詳細をご記入ください。
詳しく語りたくない方は別に詳細に書かなくてOKです。ご面倒をおかけします。


アンケートに答えてくれるうえに
押していってくれるなんて
あなたはなんていい人なのでしょう。
 ブログランキング・にほんブログ村へ

PR
2007.12.01 (Sat)
Category[未選択]
Trackback(0)
Comment(4)

コメント

無題
小学校低学年とでもしておこう
信じなくなった理由は簡単
フィンランドだかスェーデンだかの国際サンタ協会を知ってしまったから
ちなみにそれ以前はサンタを黙殺してました
prot量産
編集
2007.12.01 (Sat) 21:32:00
Re:無題
>prot量産さん
それはまた生々しい話で…
知ることは時に残酷です。知らなくていいことがこの世にはたくさんありますから…
そしてサンタを黙殺してはいけません。
管理人
2007.12.02 00:39
やっとネットにつながった!!
小3だったかな
この前話した通りさ!!
海老名
編集
2007.12.02 (Sun) 00:33:22
続き
それまではフツーに信じ込んでたのさ
なぜなら手紙を書いたから。
何故はがきに書かないのか疑問だったがまぁプレゼントもらえたし、あまり気にならなかった

とあるテレビ番組かなんかで現実を知ってしまったというわけよ(悲

海老名
編集
2007.12.02 (Sun) 01:00:12
わざわざ詳細までお手数をおかけします
>海老名さん

サンタさんに届く魔法の手紙ってやつですね(無理にでもファンシー(痛
そして結果オーライっと(笑

メディアで真実を知ったのですか…
メディアは年齢選びませんからな… お疲れ様です。
管理人
2007.12.02 01:14
無題
自分の場合は「いるような、いないような・・・」のグレーゾーンが小3位まで続いてました。

ちなみに我が家のサンタことウチの親(笑)は夜中にこっそりプレゼント置いたり、パソコンで手紙書いたり(手書きだとばれると察したんでしょうかねぇ)いろいろと頑張ってましたよ(目視してはいないんですけどね)。

自分の周りにいた奴らもそんなグレーゾーンが多かったですかね。後は周りの空気+暗黙の了解で「まぁ・・・ねぇ?」ってな感じですかね。

ついつい長くなっちゃいました。読みづらかったらごめんなさい!
iblis
編集
2007.12.03 (Mon) 20:31:21
Re:無題
>iblisさん

信じたいような信じられなくなってきたような感じの微妙な時期だったんですね~

ご両親の方も大変だったんでしょうね、子供の夢を守るのに。
それにしても芸が細かい!!
結構子供の目って敏感だったりしますから、しっかり考えていらっしゃったんでしょうね(笑

まぁ…ねぇ?
人はそうやって周りの環境に合わせながらも、大人になっていくものですから。
管理人
2007.12.03 22:12
この記事にコメントする
Name:
Mail:
URL:
Title:
Comment:
Password:
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
Copyright © Last All Right Reserved.
Powered by Ninja Blog.
Template-Designed by ガスボンベ.